観光ポイント

高山祭

春・赤い中橋と屋台 高山祭は日枝神社の春の山王祭(4月14・15日)と、桜山八幡宮の秋の八幡祭(10月9・10日)の総称で、日本三大美祭のひとつに上げられています。
祭の起源は飛騨の領国大名金森氏の時代(1585〜1692年)、屋台の起こりは1718年頃にさかのぼります。
巧みな人形の動きを披露するからくり奉納、仕掛けが施された戻し車など、屋台にも匠の技が生きています。

秋・布袋台のからくり奉納総勢数百名におよぶ祭行列は、闘鶏楽や裃姿の警固など伝統の衣装を身にまとい、お囃子や雅楽、獅子舞に先導され祭地域をまわります。夜に入ると各屋台はそれぞれ100個にもおよぶ提灯を灯し、艶やかに夜の闇を飾ります。飛騨人の意気が高まる高山祭。高山の揺るぎない誇りです。

 

春の高山祭・・4月14日・15日
秋の高山祭・・10月9日・10日


高山祭のことをもっと詳しく知りたい人は…。

「平成26年春の高山祭」(開催済)の実績についてはこちらをご覧下さい。

「平成26年秋の高山祭」(開催済)の実績についてはこちらをご覧下さい。

▲このページのTOPへ

高山市観光課 〒506-8555 岐阜県高山市 花岡町2丁目18番地TEL(0577)32-3333